個人輸入で低用量ピルをもっと気軽に

\90秒で注文完了/低用量ピルの購入はこちら
考える女性低用量ピルがもう少し安くて気軽に買えたら良いのに…。

何回も病院に行くのが面倒だから一気にまとめ買いできればいいのに…。

誰にもバレずに低用量ピルを飲みたいな…。

そういったお悩みはすべて「個人輸入」で解決できます!

個人輸入は海外で販売されている医薬品を日本へ輸入する行為ですが、今はスマホやパソコンで簡単に利用できるようになっています。

なので、最近は個人輸入で海外の低用量ピルを買う女性が増えてきているんです。

個人輸入を利用したことがない!個人輸入の仕組みがよくわからない!

大丈夫です!そんな女性でもこのサイトを見れば個人輸入について詳しくなれますし、お得に低用量ピルをゲットできちゃいます。

低用量ピルは病院に行かずに買う時代

通販ユーザーの画像低用量ピルは病院に行かなければ買えない…なんていう時代はもう終わりました。

今はもうネット通販で低用量ピルを注文できるので、わざわざ通院しなくても良いのです。

ただ、ここでお話している「通販」というのは、楽天やZOZOなどの国内通販サイトではなく、個人輸入代行サイトのことです。

個人輸入代行サイトというのは、海外医薬品の輸入を代行してくれるサービス。

個人輸入するにあたって必要な面倒な手続き系をすべて代行業者が引き受けてくれるから、本当に普通の通販サイトと同じように低用量ピルが買えちゃうんです。

買うのは海外医薬品ですが、個人輸入代行サイトはすべて日本語表記ですし支払いも日本円でOKです!

なので、ここでは個人輸入代行ですが「通販」として紹介していきます。

低用量ピルを通販で買うと安くなるって知ってた?

ズバリ、低用量ピルは病院よりも通販で買うほうがお得!

どのくらい安く買えるのか?ちょっとその前に低用量ピルのお値段についてお話したいと思います。

まず、低用量ピルには保険診療と自費診療の2種類があります。

保険が適用されるのは月経困難症や子宮宇内膜症治療に使われる低用量ピル(ヤーズ・ヤーズフレックス・ルナベルなど)で、それ以外の目的で使われる低用量ピル(マーベロン・トリキュラー・アンジュなど)は自費診療となります。

なので、「低用量ピル=避妊のために飲む」というイメージがありますが、実は避妊目的では保険が使えないので10割負担と高額な費用がかかってしまうのです。

保険適用の低用量ピルであれば1ヶ月分1,000円ほど、自費の低用量ピルであれば2,500円ほどしますが、いずれも検査料・診察料・指導料は含まれていません。

自費の低用量ピルになれば、1ヶ月分(初回)トータルで5,000円近くかかることもあります。

ではでは、ここからが本題となりますが通販の場合にはいくらかかるのでしょうか?

通販の場合は保険診療・自費診療どちらの低用量ピルも取り扱っており、それぞれお手頃価格で販売されています。また、通販であれば避妊・生理日コントロール・肌荒れ改善などの目的であっても値段は変わりません!

値段は1ヶ月分1,000~2,500円ほどで、そこに送料1,000円ほどが加算されます。また、まとめ買いをすると割引も受けられますので1シート1,000円以下で購入することも可能です。

低用量ピルの種類によってどれだけお安くなるのか?

分かりやすいように有名低用量ピルで比較してみましょう!

マーベロンの場合(1ヶ月分)

病院処方…

マーベロン代:約2,500円

診察料・検査料:約3,000円

合計:約5,000円

通販…

マーベロン代:約1,300円

送料:約1,000円

合計:約2,300円

マーベロンの場合には、病院と通販を比較するとかなり金額に差があることが分かります。すべての低用量ピルがここまでお安く買えるわけではありませんが、病院より通販のほうが高くなるという事はほとんどありませんので、通販を利用して損はないでしょう

しかも、通販の場合にはまとめ買い割引や送料無料サービスがあるので、賢く活用すればもっとお得に買えちゃいます!!

通販なら低用量ピルのまとめ買いができてとっても便利!

通販ユーザーの画像ほとんどの病院では、継続的に低用量ピルを服用できるか3ヶ月に1回ペースで血液検査を受けなければなりません。そのため、一度に処方してもらえる低用量ピルは大体3ヶ月分となっています。

しっかりと検査をしてもらいたい!という女性であれば通院で処方してもらっても良いですが、毎回検査を受けても異常はないし検査をパスしたいな…という女性も当然いるでしょう。そんな女性は、低用量ピルの大人買いができる通販がおすすめです。

通販であれば1回でまとめて低用量ピルを注文できます

しかも、通販は基本的に箱単位での販売となります。低用量ピルの場合は1箱1ヶ月分ですが、他のお薬なら1箱で100錠近く入っているものもあるので、かなり大容量でお得!

さらに、通販なら低用量ピルだけじゃなくて他のお薬も一緒に注文できるし、まとめ買いなら低用量ピルがなくなる前に何度も注文する必要はなし!その上、まとめ買い割引もあるから一石二鳥です。

低用量ピルをこっそり試したいなら通販がおすすめ

低用量ピルは幅広い悩み(生理痛、PMS、ニキビなど)に効果的ということが浸透してきましたが、それでも低用量ピルは避妊のイメージが強いです。

そのため、なるべくこっそりと低用量ピルを使いたいと思う女性もいます。

自費診療の場合には保険証は提出せずに低用量ピルを処方してもらうので履歴が残りませんが、保険診療の場合には履歴が残ります。しかも、通院先の病院で知り合いに出くわしてしまうリスクがあります。

通販で低用量ピルを買えば、病院を利用しないので誰にも見られる心配はありません

注文した商品のお届け先は、自宅だけでなく郵便局留めを選択できる通販サイトが大半なので、家族や彼氏と同居している女性でも安心して受け取れます。

通販は自分に合う低用量ピルを見つけるのにピッタリ

病院と通販では、同じ低用量ピルも扱っていますが、通販でしか売っていない低用量ピルはたくさんあります。通販限定ということは日本で認可されていない低用量ピルになりますが、有名医薬品メーカーが販売している商品がほとんどなので安心です。

通販サイトには低用量ピルよりもさらに体に優しい超低用量ピルやリーズナブルな低用量ピルも多いので、自分の希望に沿った低用量ピルを試せます

通販で人気の低用量ピルって?おすすめ低用量ピル3選

ピルの画像通販では様々な低用量ピルを扱っており、その中から自分が好きなもの注文できます。

でも、これから初めて低用量ピルを使ってみようと考えている女性やこれから新しい低用量ピルに変えてみようと考えている女性はどれにしようか悩むもの。

そんな悩める女性のために、通販で人気の低用量ピルを3つご紹介します!

病院処方のピルが約半額で買える〈トリキュラー〉

トリキュラーでは日本の病院でもよく処方されている低用量ピルで、主に避妊目的の女性が服用しています。

トリキュラーはホルモン配合量が3段階に分かれている3相性ピルで、自然なホルモン変化に似ていることから副作用が起こりにくい特徴があります。そのため、初めて低用量ピルを試す女性に人気があります。

トリキュラーと同じ成分の低用量ピル〈オブラルL〉

オブラルLは病院でも処方されることの多いトリキュラーと同じ成分の低用量ピルです。

ただし、トリキュラーと違ってすべて同じホルモン配合量となっているため、飲む順番を着にする必要はありません。オブラルLの値段もトリキュラーとほぼ変わらないので好みで選びましょう!

日本人との相性がよい〈ジネット35〉

ジネット35はダイアンという低用量ピルのジェネリック医薬品です。

他の低用量ピルと比べて女性ホルモンの配合量が抑えられているので副作用が起こりにくく、無理なく服用できます。また、ジネット35はニキビの発生を抑える効果が高いため、肌荒れに悩む女性にもぴったりです。

今回は3商品を紹介しましたが、他にも通販サイトにはでは色んな低用量ピルを扱っているので一度チェックしてみると良いでしょう。

個人輸入と通販は何が違うの!?

通販ユーザーの画像個人輸入と通販はどちらもネットを介して商品を注文できます。

欲しい商品を選んでお届け先の住所を入力すれば、あとは指定した住所まで商品を届けてくれるサービスとなっています。

サイトの見た目や注文の手順は個人輸入も通販も全く変わりませんが、当然国内通販と個人輸入では仕組みそのものが違います。

そもそも海外の薬をそう簡単にネットで買っても良いのか?

この質問に関しては「ルールを守ればOK」です。もちろん、違法薬物や制限を超えた数量の輸入はNGなどのルールがありますが、これらを守れば基本的には問題ありません。

ただ、個人輸入はあくまで個人が消費する目的であることが前提なので、買った商品を第三者にあげたり、売ったりする行為は違法です。

また、個人輸入と国内通販の大きな違いの1つに「届くまでの期間」が挙げられます。

最近は大手の通販サイトである楽天やAmazonなどでは即日配送サービスなどがあり、配達日数が以前に比べて短くなってきています。注文した翌日に届くなんてことも珍しくはありません。

ですが、個人輸入は海外からの発送となるので、どうしても届くまでに時間がかかります。発送国はインドやシンガポールが多いですが、注文してから届くまで2週間ほどかかるケースも少なくありません。

他に気になることといえば、やはり「品質」でしょうか。

通販で扱われている商品はジェネリック医薬品が多いですが、病院で処方されているものと同じ新薬もあります。

海外版はパッケージの見た目や言語が違うので品質が悪そうに見えてしまいますが、製造元は日本版と同じメーカーです。使われている添加物に違いはありますが、同じ有効成分が使われているのでほぼ同じ効果が得られます。つまり、日本版も海外版も違いはない!ということ。

安くても品質に問題ないと分かれば、どんどん使っていきたいですね♪

通販で低用量ピルを買うのをやめろと言われる理由・・・

低用量ピルを通販しようと思ってネットで調べていると「通販で薬を買うのは危険」「通販はやめるべき」などとネガティブな内容を見かけることも。

確かに、海外医薬品の通販を利用して偽物が届いたり、代金を支払ったのに商品が届かなかったりといったトラブルは多いようです。

とくに偽物なんか届いて知らずに服用してしまった場合は、効果が得られないだけではなく健康に悪影響が出る恐れもあります。健康になるために通販で薬を買ったのに、その薬が原因で体調を崩してしまえば元も子もありません。

また、医師の診察を受けずに通販で薬を買った場合、副作用が出ても医薬品副作用被害救済制度は適用されませんので自分でかかりつけ医に相談しなければいけません。

ただ、裏を返せば安心できる通販サイトを見つけ、事前に薬の情報を調べれば安全に通販できるということ。

最後の項目では、安全に利用できる通販サイトの選び方について紹介しますので、ぜひ通販する前に目を通しておいてください!

失敗しない低用量ピルの通販サイト選び

通販で買った低用量ピルが偽物だったり商品が届かなかったらどうしよう…。そんな不安も「正しい通販サイトの選び方」を知っておけば解消されます。

会社概要に関するページ(特定商取引法)がある

通販サイトを利用する上での必須条件です。というのも、会社概要が記された特定商取引法のページは表示する義務があるので、会社概要に関するページがない通販サイトというのは信頼できません。

こうした通販サイトを利用した場合にはトラブルがあっても問い合わせできませんし、問い合わせたとしても音信不通の可能性があります。

問い合わせサポートが充実している

通販の注文方法が分からない、注文した商品に不備があったという場合、通販サイトに問い合わせれば対応してもらえます。

なので、利用前に問い合わせ窓口があるかどうか必ず確認してください。

問い合わせの窓口はメールが基本ですが、なかには電話でも対応してくれる通販サイトもあります。電話はメールよりも対応が早く、利用者が伝えやすいのでメールだけでなく電話もできれば尚良し◎

価格は安すぎない

同じ低用量ピルを買うなら少しでも安く買いたい気持ちは分かりますが、他の通販サイトと比べて極端に安い場合は利用を避けましょう。

どの商品も相場よりかなり安い…となれば、必ずウラがあります。安全に低用量ピルを試すためにも安すぎる通販サイトは利用しないように。

運営歴と口コミの投稿数

運営歴も長い通販サイトは、利用者が多くて信頼されている証です。また、利用者数が多い通販サイトというのは商品の口コミ投稿数も多い傾向がありますので、利用前には口コミをチェックしておきましょう。

低用量ピルの購入はこちら

メリットだらけの低用量ピル通販!賢いショッピング術
タイトルとURLをコピーしました